私のジブリ・ノート

私が初めてジブリ作品を見たのは2010年。最初の2週間で宮崎作品を全て見た。何かが爆発した

「千と千尋の神隠し」はどんなふうに生まれたか:スタジオジブリの広報誌「熱風」を読んで

スタジオジブリの広報誌、「熱風」をご存知だろうか。私の周りではツイッターのタイムラインも含めてほとんど話題に上がって来ないのであまり知られていないのではないかと思うが、広報誌なので丸善やジュンク堂、紀伊国屋書店など、ジブリ関連書が常設され…

スタジオジブリの『思い出のマーニー』感想続きです。この映画を必要とする人に伝わりますように。

スタジオジブリの新作映画米林昌宏監督の『思い出のマーニー』感想続きです。 この映画については昨日感想を書いたのですが、そのあといろいろネットで掲載されている感想を読んだり、自分でも何冊か本を買って制作サイドの話などを読んだりして、(映画を見…

スタジオジブリの新作映画、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』を見ました!とてもよい映画でした!

スタジオジブリの新作映画、米林宏昌監督の『思い出のマーニー』を見ました! 7月末から公開になっていた映画『思い出のマーニー』。昨日ようやく見に行くことが出来ました。とてもよい映画でした。 以下、内容についても触れていますので、気になる方はご…

スタジオジブリの最新BD、『千と千尋の神隠し』を見ました!赤くない素晴らしい画質で感動しました!

スタジオジブリの最新BD、『千と千尋の神隠し』を見ました! 現在、映画館では、スタジオジブリの最新作、『思い出のマーニー』を上映中ですね。これはまだ見ていないのですが、ブルーレイディスクの新作として、『千と千尋の神隠し』が7月16日に発売されま…

E・T・A・ホフマン(上田真而子訳)『くるみわりとネズミの王さま』(岩波少年文庫、2000)を読んだ。

E・T・A・ホフマン(上田真而子訳)『くるみわりとネズミの王さま』(岩波少年文庫、2000)を読んだ。 これは先日も書いたけれども、スタジオジブリの広報誌『熱風』7月号で取り上げられていたからで、それは長編映画から引退した宮崎駿の引退後初の仕事、「…

『One Piece』の尾田栄一郎さんと宮崎アニメと『くるみ割り人形』。

『One Piece』の尾田栄一郎さんと宮崎アニメと『くるみ割り人形』。 三鷹の森ジブリ美術館で『クルミわり人形とネズミの王さま展〜メルヘンのたからもの〜』をやっているそうです。(5月31日〜来年5月(予定)) 私はスタジオジブリの広報誌「熱風」を定期…

『紅の豚』を観た。大空の深さが感じられる、大人の映画だった。

『紅の豚』を見た。観終わった第一印象は、宮崎にしては珍しい「普通の映画」という感じ。リアリティというかヨーロッパ映画的な手触りの上に、ファンタジー性を盛っている。そのせいなのか、見終わった後の「印象」はかなり強い。波止場に止めた船、あるい…

ナウシカの胸はなぜ大きいのか ー この世界を滅ぼさないために、古き文明を滅ぼす

ネットでいろいろ読んでいたとき、「ナウシカの胸が大きいのはなぜか」というよう話題があって、面白いと思った。 私はナウシカにしろ『ラピュタ』のシータにしろ、胸が大きいのは性別と年齢をあらわす記号くらいに思っていたのだけど(そのとらえ方もよく考…

鈴木敏夫『ジブリの哲学』を読んだ。頭の中に1000の作品を持つこと。

この本を読んだのは2011年のこと。文化の日だった。 ユニバーサルミュージック社長の石坂敬一と鈴木敏夫との対談で、石坂は「音楽産業に従事する人はレパートリーとアーチストに精通していないといけない。頭の中に1000曲持っていろ」ということを言っていた…

マンガ版『風の谷のナウシカ』を読んだ。(2)ナウシカは、風の谷に帰らない。

(その1)からの続きです。 ナウシカはなぜ、「新しい穏やかで優れた人類たちの卵」を虐殺したのか。 単純に考えれば、そんなことは許せない、としか思えない。 しかし、ここではそこに何が表現されているかということを見るべきなんだろうと思う。 私は、…

マンガ版「風の谷のナウシカ」を読んだ。(1)7巻の展開に激しい抵抗を感じた。

2010年の10月、アニメ版の『風の谷のナウシカ』を観たあと、マンガ版の『ナウシカ』7巻を一度に買った。 夜、カフェのレストランで少し読み、家に帰って家事的なことをかたづけながら3巻まで読んだ。起きてから、特急に乗って帰郷するあいだに7巻の途中まで…

『猫の恩返し』を見た。実は好きな作品なのだ。

2010年、スタジオジブリ作品を集中的に見ていた時期に、森田宏幸監督作品『猫の恩返し』を見た。 この作品はスタジオジブリの作品としてはそんなに評価も高くないし、また動員もそれほどではないのだけど、私は割と好きな作品だ。私はもともと、こういう理屈…

私がスタジオジブリの作品を観た方がいいと思ったきっかけ

2008年のことになるけど、『崖の上のポニョ』が公開された後、NHKの『プロフェッショナル』で宮崎駿が取り上げられていた。それまで私はスタジオジブリの映画は一度も見てなかったのだけど、宮崎駿という人に興味が出てきていて、本放送は見たのに再放送…

『火垂るの墓』を見た。(その4)『4歳と14歳で、生きようと思った。』どんな時代も、子どもたちは生きて行くのが大変なのだ。

(その3)からの続きです。 少年が独りよがりで妹を死なせ、自分も死んでしまったこと。この兄妹は不幸な恋人たちのようであったこと。そしてこの出来事は、現代にもつながる出来事であること。 ここに来て初めて、彼らは譲れないものがあった、逆に言えば…

『火垂るの墓』を見た。(その3)「不幸な恋人たち」のような少年と妹。

(その2)からの続きです。 そういうわけで、私はこの主人公の少年に対して、自由であろうとして不幸フラグを次々と立て、それを次々に実現化して行ってしまう何ともやりきれない独りよがりの少年だと思わずにはいられなかったのだけど、それは周りと軋轢を…

『火垂るの墓』を見た。(その2)「意地悪な親戚のおばさん」は本当に意地悪か。

(その1)からの続きです。 この映画は兄と妹の生と死を描いているわけだけど、この少年はすごく独りよがりな部分がある。親戚の家に厄介になっていて、母が死んだと知れるとごくつぶしのみなしごの面倒を見ているというふうに露骨に態度が変わり、結局はそ…

『火垂るの墓』を見た。(その1)この作品は、苦しんで見るべき作品だと思った。

2012年の9月になるが、高畑勲作品『火垂るの墓』を見た。 先ずはっきり書いておきたいのは、この映画は凄いと思う、ということ。一生に一本撮れたら幸せだと思えるような作品だと思うし、今まで見た(というか途中まで見てどの作品も最後まで見ることを放棄…

『ハウルの動く城』を見た。ソフィーの心の変化に応じて、物語が伸び縮みしているように思った。

一言で言うと、普通にいいファンタジー映画だった、と思った。 Wikipediaをみると、原作とはかなり変えてあるところがあるらしいのだが、宮崎らしい仕上がりに成っているのではないか。 若いソフィーが魔法で急に年を取らされて老人の苦しみを知り、また逆に…

宮崎駿が『風立ちぬ』で描こうとしたもの(2)

(その1)からの続きです。 こうした匂いを感じさせるのは、たとえば白洲正子がそうだった。彼女は旧華族家の跳ね返りでどうじたばたしても生きているという実感をつかめずに、親を驚かせる結婚をしたり、女性で初めて能舞台に立ったり、自分が本当に生き切…

宮崎駿が『風立ちぬ』で描こうとしたもの(1)

『風立ちぬ』についていろいろ書きたい、という感じがすごくあるのだが、しかしながら書く材料が不足している、という感じもある。また、まだ公開間もなく見ていない人が多い段階で書くべきでないということもかなりあるし、この意見は納得できないという多…

宮崎駿監督『風立ちぬ』を見た。

宮崎駿監督作品『風立ちぬ』を見た。 『風立ちぬ』を見たのは、公開されて1週間ほどたった平日の朝9時からの回。まだ地元では夏休みになってなかったので、子どもたちもおらず、私が一番若いくらいの年齢構成の客層だった。 以下、そのときの感想。 これは…

宮崎駿『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』を読んだ。:「子どもに向かって絶望を説くな」というぶれのなさを感じた。

宮崎駿『本へのとびら 岩波少年文庫を語る』(岩波新書、2011)。これは宮崎が岩波少年文庫の50冊を上げて、それについての紹介が前半で、後半がそれについて論じるところと、子どもに向けてどんな作品を作ればいいか、どんな作品を読んでもらいたいか、とい…

鈴木敏夫『映画道楽』

スタジオジブリの鈴木プロデューサーの新刊、鈴木敏夫『映画道楽』(角川文庫、2012)を買った。これは2005年にぴあから発売されていたものの文庫化だとのこと。読みやすいし、いろいろと面白い。鈴木氏の本はどれも面白いので出てるとすぐ買ってしまうのだ…

『もののけ姫』再考:(その5)「子どもたちの冷えた心の闇」への通路と「表現としてのアニメーション」

(その4)からの続きです。 「サンとアシタカは、実は私たちのまわりにいるたくさんの子どもたちの中で精一杯生きているのです。ですから大人たちには分からなかったけど、アシタカがサンに「生きろ」と言った時に、「生きよう」と心に決めた子どもたちがず…

『もののけ姫」再考:(その4)生きるということの大変さは、生きるということそのものの中にある

15世紀、すなわち戦国時代に日本の歴史の転換点があったということは日本史学上いわれていることだが、宮崎はその転換を「産業的な飛躍」ととらえ、そのために「経済成長と同時にひどく無思想な、理想のない行動をたくさんするようになった」のだという。 す…

『もののけ姫』再考:(その3)サンとアシタカの持つ「病のオーラ」と、「なぜサンはアシタカを癒そうとしたのか」

(その2)からの続きです。 それではそうした絶望をこの作中で体現しているキャラクターは誰かと言えば、そんなことは言わなくてもわかると言われるかもしれないが、私はそれがはじめて「サン」であることを認識した。つまり私は「サン」というキャラクター…

【『もののけ姫』再考:(その2)「生きろ。」というコピーの背後の深い絶望】

【『もののけ姫』再考:(その2)「生きろ。」というコピーの背後の深い絶望】 (その1)からの続きです。 私はいろいろな物語を書きたいと思っている。しかし日本の過去の歴史を舞台にした物語を書きたいと思ったことがなくて、そういう意味でも『ものの…

『もののけ姫』再考:(その1)正当に評価されにくい宮崎作品

【『もののけ姫』再考:(その1)正当に評価されにくい宮崎作品 】 『もののけ姫』はジブリ映画で私が最初に見たものなのだけど、最初だけによくわからなくて、イヤにイメージの像の結びにくい複雑な映画だなと思った覚えがある。そういえば借りたDVDが…

『最後の国民作家 宮崎駿』と「宮崎アニメの描く過渡的・奇形的な自然」

3年前、2011年の今頃のことになるが、酒井信『最後の国民作家 宮崎駿』(文春新書)を読んだ。この本は、私に宮崎作品を考える上での、また宮崎の発言を考える上での一つの枠組を提供してくれたなと思う。 今までジブリコーナーなどで立ち読みした『ユリイ…

【「かぐや姫の物語』をめぐる高畑監督と爆笑問題太田の対談は、表現の永遠の課題:作り手としてやりたいように表現するのか、誰にでも分かりやすく表現するのかについての話だった。】

スタジオジブリの広報誌『熱風』が届いた。今回いろいろ考えさせられたのが『かぐや姫の物語』を見た「爆笑問題」の太田光と、高畑勲監督との対談。『かぐや姫の物語』は線で囲って色で塗り籠める「普通の」アニメに対し、ラフな線が動き、すべてを塗り尽く…

養老孟司・宮崎駿『虫眼とアニ眼』は、宮崎駿の危機感の本質が表明された対談だった。

大変面白い対談だった。 たとえば、「人のせいにするのは都会の人間の特徴」だということ。どういうことかというと、田舎に暮らしていると自然の力でどうしようもないことはいくらでもあって、誰のせいでもなく仕方ない、となるのが、都会だと何か不都合が起…

『紅の豚』は『風立ちぬ』につながる、死者を追慕しつつ生きることを選択する、宮崎監督の大人のアニメだった。

『紅の豚』を見た。観終わった第一印象は、宮崎監督にしては珍しい「普通の映画」という感じ。リアリティというか、ヨーロッパ映画的な手触りの上にファンタジー性を盛っている。そのせいなのか、見終わった後の「印象」はかなり強い。波止場に止めた船、あ…

『魔女の宅急便』は女の子の感情のリアリティと働くことの大変さを描いた心に強く残る作品だった。

『魔女の宅急便』を、深夜に見始めた。出発の場面から、空に飛び上がってラジオをつけたら荒井由美「ルージュの伝言」が流れたところでもうころっとやられた。この曲の使い方がもう最高に上手い。かっこいい。こういう演出を自分もしたい、と思わせられた。…

『耳をすませば』:日本が豊かだった時代へのノスタルジー/女子の中学生精神、男子の中学生精神

以下の感想は2010年の10月に初めてこの作品を見たときのもの。今では『耳すま』はジブリ作品の中でも一番好きなもののひとつなのだが、当時は見たばかりで、新鮮な感動が残っているように思う。 *** 見終わってみると、最初に思った通りだといえばそうなのだ…

宮崎駿はなぜ無敵なのか

宮崎駿のインタビューとか、鈴木敏夫のインタビューを読んで、一晩寝て起きて寝起きの頭に啓示のように降りてきたのが、「言いたいこと、あるいは言わなければならないこと(つまり使命とか理想とか)を言うためにやりたいこと(つまりアニメ作りやそれに伴…

『千と千尋の神隠し』再考:カオナシとは誰のことか――あなたの闇の葬り方

宮崎駿の映画には、初期には「悪役」が出て来るが、トトロ以後ははっきりとした悪役というのは出て来なくなる。だから悪役として明確に意識できるのはナウシカのクロトワとラピュタのムスカくらいなものだ。ジブリ映画で好きなキャラクターベスト10みたいな…

『ジブリの教科書3 となりのトトロ』を読んだ。

文春文庫から、『ジブリの教科書』のシリーズが出ている。風の谷のナウシカ、天空の城ラピュタに続いて昨年の7月には『となりのトトロ』が出た。2014年1月現在、第4集の『火垂るの墓』まで出ている。今日はこの本について書きたい。 『ジブリの教科書3 と…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、どこまでも味わい尽くしたくなる映画だった。(その6・終)

(その5)から続きます。 映画が終わり、クレジットが流れる中、二階堂和美の『いのちの記憶』が流れる。この曲は、まるでこの映画を長い長い歌、長歌であるとすると、その反歌のような曲だ。「あなたに触れた喜びが」で始まる歌詞は、先ず私が思い起こした…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、「どこまでも味わい尽くしたくなる映画」だった(その5)

(その4)からの続きです。 月への帰還を前に、都を抜け出した姫は田舎の懐かしい道をたどり、そこで思いがけず大人になった捨丸に再会する。姫は捨丸に「あなたと生きることができたら」と言い、その思いを自らも伝えた捨丸と二人で空を飛ぶ場面。ここまで…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、「どこまでも味わい尽くしたくなる映画」だった(その4)

(その3)からの続きです。 かぐや姫は幻想か現実か定かでない中で懐かしい場所を訪ね、そこにはもう誰もおらず、二度と木地師の子どもたち、(なかでも慕っていた捨丸)に会えないということを知る。それからかぐや姫はおとなしく周りのいうように「高貴な…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、「どこまでも味わい尽くしたくなる映画」だった(その3)

(その2)からの続きです。 まさに「生きたいように、生きている」日々を送っていたかぐや姫は、「誰もが憧れる都の暮らし」をさせてやろうという翁の願いによって都に出ることになる。 かぐや姫と翁と媼は都に出て大きな屋敷に住み、相模という家庭教師を…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、「どこまでも味わい尽くしたくなる映画」だった(その2)

(その1)からの続きです。 この映画がどういう映画であったか、というのを説明するのは難しい。つまり、こういう映画だったと説明しにくい映画なのだ、という言う意味で、味わい尽くしたくなる映画だ、というのが最もぴったりくる感じがする。 もちろん、…

『かぐや姫の物語』は、一言で言えば、「どこまでも味わい尽くしたくなる映画」だった(その1)

あけましておめでとうございます。ことしも『私のジブリ・ノート』をよろしくお願いします。 今回のエントリは長いので、何回かに分けて掲載することにしました。 少し前になるが、高畑勲監督『かぐや姫の物語』を見た。見たときから一晩考えたのだけど、こ…

『美術手帖』:「特集『かぐや姫の物語』の衝撃」は高畑勲の凄さが分かる一冊だった

『美術手帖』1月号を買った。これは『かぐや姫の物語』をめぐって、高畑監督自身が画家の奈良美智さん、美術史家の辻惟雄さんと対談しているのを読めたのがよかった。 私は一度しかこの映画は見ていないのだけど、いろいろと引用や意図に満ちているだろうな…

プロレス雑誌『Kaminoge』でジブリの鈴木プロデューサーがヤンチャな悪がきの顔を見せた

『Kaminoge』vol25、鈴木敏夫インタビュー。先ず表紙が笑う。鈴木さんが弟子の川上さん(ドワンゴ会長)に眼を剥いて噛みつこうとしているポーズ。何事かと思ったら、そこはさすがプロレス雑誌、往年の悪役レスラー、フレッド・ブラッシーの噛みつき攻撃の真…

巨大な問いかけとしての『風の谷のナウシカ』

【『風の谷のナウシカ』に対する違和感】 自分の書いたブログの過去ログを読み返して、初めて『風の谷のナウシカ』を見てからしばらくのあいだ、私はこの作品とナウシカというキャラクターに、何とも言えない反発のようなものを感じていたことを思い出した。…

【私は『風の谷のナウシカ』を見なかった】

『風の谷のナウシカ』をはじめて見たのは、2010年の10月。今から3年前のことだった。私にとって、それが3作目のスタジオジブリ=宮崎駿作品。それまでに見たのは『もののけ姫』と『天空の城ラピュタ』だったが、その2作を見たのも同じ2010年の10月だった。 『…

【なぜ私はジブリについてのサイトを作ろうと思ったのか】

私は2005年から「Feel in my bones」と題したブログを書き続けてきている。それ以前は、1999年から「Eyes and Wind」と「第三の私」という表題でウェブ日記を書いていた。この二つは既に削除したが、そこから数え始めると私はウェブ上で14年間文章を書き続け…